• 二次会の幹事が知っておくべきとっておきの情報
  • このサイトでは『二次会の幹事が知っておくべきとっておきの情報』を中心にまとめていきたいと思います。
  • 二次会で見かけるメッセージボードって何?

    トップページ
    お気に入りに追加

    二次会で見かけるメッセージボードって何?

    結婚式の場や二次会では時々「メッセージボード」が置いてある光景をよく見かけます。無かったら無かったで別に支障ない物なのですがやはり合ったほうが場は締まる、言わば縁の下の力持ちとも言えるメッセージボードですがお金を払ってメッセージボードを用意するのには一体どの様な理由があるのか?実際に使った、書いた人に聞いてみました。

    直接伝える事の出来ない事を伝える事が出来る」

    参列者の中には口数が少ない人がいるのも珍しくはなく別に嫌っている訳ではないのだがなかなか新郎新婦と話せない人もいます。

    しかし直接対面しては無理でも間に介してならメッセージを送る事は出来ます。そんな時に出てくる選択肢の1つとしてメッセージボードに出番が回ってきます。

    書けるメッセージは他の参列者の兼ね合いもありスペースはそんなに無いので短い文ぐらいしか書けないのが多いもののそれでも祝福のメッセージを贈れるのに変わりはないので口には出しづらくてもこっちでなら出せるそんな口下手な人には強い味方です。

    メッセージを集めると1つの絵になる」

    メッセージボードは無地の板にメッセージを貼っていくタイプもあればとある絵がポツンと書いてあるが実はメッセージを全部張る事で一つの絵が完成するタイプも存在し一粒で二度美味しいアイテムです。

    イラスト付きメッセージボードと言っても数多く存在しますが貼る前と後で変化が分かりやすいのが好まれやすいです。例:一見するとただの木の枝だがそこにメッセージを貼っていくことで桜や花が満開の木になる)

    比較的自分達でも調達しやすい」

    こちらは新郎新婦側の目線になりますがメッセージボード自体は購入に難しい点はなくインターネット通販でも数多く取り扱っている為入手はし易いです。

    値段の方も数千円台で済む物もあれば数万円台の高級品まで自分達の懐具合と相談しやすく用意しやすいウェディングアイテムと言えるので予算は限られているがこれだけは押さえておこうと購入する人も多いです。

    メッセージボードを選ぶのにはこの様な理由で答える人が殆どでした。やはりメッセージを書ける場があると無いでは会場の雰囲気も違ってくるので式を挙げようとお考えなのならば用意しておいて損はないでしょう。